繝繧」繝繝励さ繝シ繧ソ繝シ蟆る摩縲陬ス騾繝サ雋ゥ螢イ繝サ繝。繝ウ繝繝翫Φ繧ケ

ディップコーターとは、

コーティング液に漬けた(ディップした)試料を低速で引き上げる事により、薄膜を形成する仕組みです。
逕ィ騾泌挨縺ァ謗「縺

譬ェ蠑丈シ夂、セSDI

髮サ蟄蝉コ区・ュ驛ィ

荵セ辯・讖滉コ区・ュ驛ィ
譬ェ蠑丈シ夂、セSDI縺ッFun to Share縺ォ蜿ょ刈縺励※縺翫j縺セ縺
ホーム > 製品一覧 > 除振台C
製品詳細

除振台

除振台C

高性能な除振システムを集約した卓上型。

レーザ本体や周辺機器の小型化や光ファイバー技術の向上によって、光学実験にも以前ほど長い光路を必要としない場合が多くなってきました。明立精機では従来より卓上型除振装置を数多くシリーズ化しています。これとスチールハニカム定盤を組み合わせたAETシリーズは、小さな面積の光学実験に最適な除振装置です。
■小規模の光学実験に最適です
小型ながらもスチールハカム定盤を採用し、定盤の剛性は万全。ミクロン以下の光軸のずれを解消しました。
上面タップはM6×25mmマトリクスで標準加工。また上面板材質はSUS430、マグネットスタンドの使用にも対応。もちろん除振システムは実証済みの高性能。全ての機構はコンパクトに収納されています。
■使用状況に応じて選べる4タイプを用意
自動レベル維持機構式のSタイプ
空気ばねに自動レベル維持機構を付加。搭載機器の載せ替えや移動でばねシステムに対する荷重に変化が生じても定盤は常に水平に保たれます。0.35〜0.70MPaの空気源に常時接続し、内蔵の減圧弁で減圧して使用します。

手動レベル調整式のNタイプ
Nタイプには付属の手押しポンプで空気を供給し、定盤の水平を維持する方式を採用。初めて使用する人にも簡単で、しかも1度セットすれば1〜2週間は空気の供給は不要です。空気源のない部屋での使用や設置場所を頻繁に変更する場合には便利です。

クランプ機構付きのCタイプ
搭載盤を固定するクランプ機構付。従来のように搭載盤を完全に固定する機械式クランプに替え、空気ばねのばね定数を高めることによって搭載盤の動きを拘束するソフトクランプを採用。


■搭載可能質量をアップしたH(高荷重)タイプ追加

より重量のある搭載機器に対応するため、搭載可能質量200kg仕様を新たにラインアップ。
(サイズ0405については搭載可能質量100kg)
繝壹シ繧ク繝医ャ繝励∈